あなたは十分に評価されてる?薬剤師の平均年収・相場をcheck!

薬剤師の平均年収は微増傾向

income-suii

平成26年度平均年収
平均年収 531万円
平均月収 38万円
平均時給 2,199円
年間ボーナス 80万円
平均年齢 38.6歳
平均勤続年数 7.0年
総労働時間 171時間/月
男性平均年収 590万円
女性平均年収 494万円
男性割合 38.4%
女性割合 61.6%

全国の平均年収を知っておくことは大切です。自分の年収と照らし合わせることで、どれくらい自分が評価されているのか、自分のスキルや知識に見合った十分な評価がされているのかの目安となります。もし十分に評価されていないのであれば、転職によって年収や待遇を改善することができるかもしれません。

薬剤師の平均収入は全体的に微増傾向にあります。10年前と比較すると、平均年収が30万円弱も上がっていることがわかります。これは、薬学部の6年制への移行による人材不足や、少子高齢化の影響で労働者に対する利用者(高齢者)の割合が増加しているためで、全国的な薬剤師不足を加速させていることが原因です。薬剤師の割合は4:6で女性が多く、結婚や育児による休職・転職が多い業界でもあり、人材確保のために給料が増加しています。

平成26年度の薬剤師の平均月収は38万円、ボーナスを含む年収は531万円、時間給で計算すると2,199円となっています。高給取りの印象の強い薬剤師ですが、拘束時間が長く激務のわりに、時給換算では他業種よりは高いものの、医師などと比較するとかなり低い水準です。薬剤師の待遇は徐々に改善されつつあるものの、劣悪な環境ではたらく人も少なくないのが現状です。

職業 年収 職業 年収
1 パイロット 1,152 16 研究者 669
2 医師 1,144 17 弁護士 642
3 大学教授 1,081 18 電車運転手 639
4 大学准教授 862 19 不動産鑑定士 629
5 警察官 813.5 20 一級建築士 580
6 公立高校教員 776.9 21 電車車掌 550
7 小・中学校教員 742.4 22 獣医師 545
8 消防士 717.9 23 システムエンジニア 538
9 公認会計士 713 24 薬剤師 531
10 税理士 713 25 診療放射線技師 514
11 大学講師 703 26 各種学校・専修学校教員 513
12 記者 695 27 技術士 511
13 高等学校教員 690 28 港湾荷役作業員 492
14 海上保安官 688.2 29 キャビンアテンダント 487
15 歯科医師 679 30 製鋼工 486

年功序列制度が根強い公務員・教員や、危険手当などで年収が加算される警察官などは年収が高い傾向があります。また月収は低くとも、ボーナス額の大きな電車車掌なども平均年収が高くなっています。ただし流動的な景気に対応するため、年功序列制度の撤廃やボーナスの見直しなどがされはじめ、徐々にランキングも変動しています。薬剤師は女性の比率が6割と高く、パートやアルバイトという勤務形態をとっている方も多いので、他業種よりも平均年収が低めに出る傾向があります。とはいえ求められる専門技術や責任の重さの割には、低い給料となってしまっているのが現状です。

スポンサーリンク

キャリアによって最終年収が大きく変わる傾向

薬剤師の勤務先は大きく4つに分類され、各年収目安は以下のようになっています。

調剤薬局 約350~650万円
ドラックストア 約350~700万円
病院 約350~650万円
製薬会社 約350~800万円

大卒の薬剤師の初任給は25万円ほどと、他の業種よりは若干高い水準です。25万円x12ヶ月+ボーナス2ヶ月分x2で、約400万円ほどがかけだし薬剤師の給料といえます。ただし最近では薬局間の競争も激しくなっており、特に都市部では給料が抑えられる傾向になります。新卒ではボーナスが寸志となることもあり、年収はもう少し引き下げられることになりそうです。薬剤師の初任給は勤務先を問わずだいたい同じような内容になるでしょう。

薬剤師の年収はキャリアアップするごとに差が出てきます。大手チェーンのドラッグストアでは能力が認められれば、店長や店舗マネージャーなどの道が開け、最高年収700万円以上になることもあります。また製薬会社も出世によって大幅に年収があがる職種で、特に成果によってインセンティブのつく営業職で管理職になれば年収800万円以上の人もいます。

一方で調剤薬局や病院勤務では、管理職の席がすでに埋まっていることも多く、なかなか昇格できないという現状があります。またこれらの勤務地では、ドラッグストアや製薬会社の営業のように、成果によって自分の給料を増やすということが難しく、最高年収もやや低めとなっています。調剤薬局や病院勤務の薬剤師でさらに高い収入を得たい場合は、独立開業という選択肢もあります。

さらに詳しい各職種のキャリアはこちらの記事を参照してください

薬剤師は不遇?より高い待遇を得るためには

薬剤師に求められる専門知識と責任を考えると、業務内容と給料が釣り合っていないと言えるでしょう。高い年収をもらってはいるものの平均時給2199円と低く、拘束時間の長さが浮き彫りになっています。では、より高い給料と待遇をうけるためにはどうすればよいのでしょうか。

1.都市圏よりも地方の方が給料が高い
2.パート・アルバイトの方が時給が良いことも

基本的には人手不足のところは給料もよくなります。東日本大震災では町の再建のために建築需要が高まり、大工さんや土方の給料が一気に値上がりました。さらに東京オリンピックの開催決定やリニア新幹線の開通による都市開発事業なども活発になっており、現在建築業界はバブル期並みに活気づいています。

これは薬剤師にも同じようにいえ、人が少なく高齢者(薬局利用者)の多い地方では常に人手不足になっており、給料や待遇も都市圏と比較してよくなっています。地方勤務は生活環境によって難しいこともありますが、だからこそ待遇もよくなっているのです。地方といっても山奥ということはなく、都市から少し離れた郊外などでも良い待遇の薬局があります。

平均時給が2199円というのを見てピンときた方もいるかもしれませんが、場合によってはパートやアルバイトで働いた方が高いという場合もあります。薬剤師のパート・アルバイトでは時給2500円以上というのはザラですし、時給3000円以上の高給求人もあります。正社員として働くよりも時給300円以上も良いのです。平均時給はボーナスを含めた計算をしているので、ボーナスの無いアルバイト・パートがどれだけ効率的かわかります。

正社員では福利厚生や健康保険などを会社が半分払ってくれるというメリットがあるけれど、バイトには無いのでは・・・と疑問に思う人もいるでしょう。一般的にはその通りですが、薬剤師の場合は少し違います。薬剤師の人手不足はおそらくみなさんが想像している以上になっており、最近の薬局やドラッグストアではアルバイトやパートの場合でも福利厚生を充実させたり、保険の加入ができる求人もでてきています。

スキルを高めたり知識を増やして給料を上げることは非常に困難ですが、より高い評価をしてくれる職場を探すことで手軽に給料・待遇アップをすることが可能です。薬剤師は離職率の高い業種でもあり、求人支援サービスも増えつつあります。よりよい求人・転職活動をするうえで、求人サイトを上手につかうことが大切です。当サイトでは薬剤師転職支援サービスの中でも特に人気のサイトを紹介しています。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング投票にご協力ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。