保険薬局(調剤薬局)薬剤師年収650万円キャリアパス

資格のない薬屋は薬局ではない!?

薬剤師の求人でもっとも多い職場のひとつに調剤薬局があります。しかし、薬局とひとことに言っても、さまざまな体系をとっている薬局があり、もちろん業務内容もそれぞれ違ってきます。仕事内容や条件が違えば、もちろんもらえる給料も違ってきます。自分に最適な職場探しのためにも、どんな薬局があるのか知っておくことが大切です。

ひとえに薬剤師の職場といっても、病院内の薬局もあれば、開業病院に隣接する個人経営の薬局、最近増えているドラッグストア、保健所や水道局の管理者、新しい薬を開発する研究職など幅広い業種があります。

自分のしたい仕事、将来のキャリアパスをしっかりと描きながら、どんな職場に就くべきか考えましょう。

スポンサーリンク

ドラッグストアは実は薬局ではない!

まず、最近ではもうお馴染みとなっているドラッグストアについてご紹介します。ドラッグストアは薬剤師さんの勤務先として、人気のある職場のひとつですが、厳密にいうと「薬局」ではありません。一般的には薬とともに化粧品やお菓子、生活雑貨も売られている、薬局とコンビニがくっついたようなイメージですね。

薬局は原則として国から薬局開業許可を得ている必要があります。しかしドラッグストアには調剤室がなかったり、店舗によっては薬剤師がいないところもあり、それらのドラッグストアは薬局開業許可を受けていない店舗ということになります。薬局開業許可がなければ「薬局」と名乗ることも禁じられているため「○○ドラッグ」「薬の△△」、ドラッグストアを日本訳をした「薬店」などといった名称になっているのです。

薬局改行許可のないドラッグストアでは、調剤をすることができなく、販売できる医薬品の種類も限定されるので、主に市販の薬を販売することになります。特に調剤業務をしたい薬剤師さんであれば、ドラッグストアはおすすめできません。

最近では「薬局」の認可を受けているドラッグストアもでてきていますが、まだまだ数は多くはありません。ドラッグストアで働いてみたら、思っていた仕事ができない、バイトがするような雑用もしなければならないといった不満をもっている薬剤師さんも少なくないようです。こんなミスマッチを無くすためにも、薬剤師の求人を専門とする求人エージェントや転職コンサルタントの無料サイトに登録することをおすすめします。

保険薬局(調剤薬局)とドラッグストアの違い

保険薬局(調剤薬局) ドラッグストア
医師の作成した処方箋に基づき、調剤業務を行う薬局。保険証の利用が可能。薬剤師の資格を持つ管理者が常駐。 主に市販の医薬品の販売。調剤業務を行うことはできません。保険証の利用は不可。店舗管理者に薬剤師もしくは登録販売者が常駐。

ドラッグストアでは、薬剤師が常駐する必要はなく、経営にあたっては登録販売者が常駐していればよいことになっています。登録販売者の資格では調剤ができないことや、販売可能な医療品に制限はありますが、薬剤師と比較して取得しやすい資格となっています。

薬局は前述したとおり、薬局開業許可を得ている場合のみ「薬局」と名乗ることができ、また業務内容もドラッグストアより専門的になります。薬局開業許可を得ている薬局は調剤業務が可能となるため「調剤薬局」とも呼ばれています。

「調剤薬局」は、一定以上の面積と設備のある調剤室があり、薬剤師の資格をもつ人が一定数以上常駐していること、といった法で定められた条件を満たしている薬局です。調剤薬局で勤務する薬剤師さんはその名称にあるように、医薬品の調剤を主な仕事としています。調剤薬局は主に病院の近くにあることが多く、医師から処方箋をもらった患者さんが、調剤薬局のお客さんとなります。

調剤薬局の主な業務は主に3つに分けられます。

  • 調剤業務
  • 服薬指導
  • 薬歴管理

【調剤業務】
病院など医療機関の医師が出す処方箋をもとに、薬の調剤する業務です。それぞれの薬の組み合わせによって危険な副作用が起きないかチェックをし、患者さんの病症に合わせて最適な服用スケジュールを計画します。

【服薬指導】
処方した薬の飲み方(食前後に○錠など)、それぞれの薬がどのような効果があるのか、また薬の安全な保管方法を患者さんに説明します。また薬の情報提供のみにとどまらず、日々の健康や生活習慣についてのアドバイスや、病気予防によい薬の情報の提供なども薬剤師に求められています。また、処方した薬の効果や副作用の情報を、医師へのフィードバックすることと、より良い処方の提案も薬剤師の役割のひとつです。

【薬歴管理】
患者さんへ処方した薬の服用履歴を管理する業務です。副作用の情報などを記録しておくことで、体質に合わない薬を避けるなど、患者さんを守る重要な役割です。

今後は医療の発展にともない患者さんの高齢化が進むと予想されており、在宅医療の必要性が高まるであろうとみられています。在宅には「個人宅」と「施設(老人ホームなど)」の2種類の往診があり、ドクターに付き添い、処方箋が出されたあとの調剤業務や、服薬指導などを担当します。個人宅への往診の場合は、調剤業務のみにとどまらず、患者さんの精神的・肉体的な自立と、その家族の方へのサポート・アドバイスも薬剤師に求められています。

保険薬局って何?

保険薬局とは、公的保険制度に基づく調剤・処方が可能な薬局で、つまり健康保険証が適用できる薬を出せる薬局です。病院で診察を受ける人のほとんどは保険証を使っており、患者さんは費用の3割負担をすることになっています。しかしこれは、保険薬局で薬がだされた場合にのみ適用されるので、もし保険薬局ではない調剤薬局で薬を貰うと10割負担となってしまいます。

保険薬局ではそういった間違いがないように「保険調剤薬局」とか「処方箋(せん)受付」といった看板をだしていることが多いですね。現在では保険が取り扱えない調剤薬局はまず無いので、調剤薬局=保険薬局と考えてもよいでしょう。

保険薬局に勤務するには「保険薬剤師」という特別な資格が必要となります。保険薬剤師になるためには、勤務先の調剤薬局を管轄する地方厚生局で、書類による登録手続きを受る必要があります。これは保険証で割引される薬品を扱う場合にはかならず必要なので、保険薬局で働くためには必須の資格となります。

保険調剤を行う際には、調剤料の点数計算や解釈法、また保険請求といった業務も発生します。もちろん患者さんからそれらの質問を受けた場合には、明確に説明する義務もあるので、保険調剤には特別な資格が必要となるのです。

ドラッグストアのように市販に医薬品のみ取り扱う場合や、病院内の調剤所では保険薬剤師の資格は不要のため、はじめて保険薬局で働くという人は、あらかじめ準備をしておく必要があります。

また保険薬局の特徴として、薬局ごとに取扱う薬品が大きく異なる場合が多いです。というのも、保険薬局は基本的に病院からの処方箋を基に薬を調剤するため、近隣病院の診療科目に合わせた薬品を取り扱うことになります。耳鼻科の病院付近の薬局で働いている薬剤師さんが、皮膚科の病院の隣の薬局に就職してしまうと、取扱い薬品が全く違って勉強しなおさなければならないということもおこります。

保険薬剤師として働きながら覚えるスキルもありますが、すでに持っている自身の知識を生かした就職・転職を考えることで、スムーズに仕事につくことができるでしょう。

保険薬局のキャリアパス

保険薬局で働く薬剤師さんの給料の目安は300万円~650万円と言われています。初任給で20万円~25万円、初年度年収では300万円~400万円(学士卒・手当を含む)が目安です。初任給ではそこまで目立った給与ではありませんが、専門知識の求められる薬剤師は、キャリアを積むごとに給料も右肩上がりで増えていきます。

経験5年以上で管理薬剤師になると、30代前半でも500万円前後という収入を得ている人も多く、他業種と比較するとやはり高収入の職業といえるでしょう。

大手チェーン店の保険薬局では給料が低めで、地方の薬剤師が不足している地域の方が比較的給料が高くなる傾向にあります。薬学部、薬科大学のない都道府県では慢性的に薬剤師不足で、特に東北地方では求人募集が多くそれに比例して給与も高い傾向にあります。人材不足の地域では、経験10年以上で年収800万円という高収入の薬剤師さんもいます。

保険薬局で働く薬剤師さんのキャリアはもちろん人それぞれではありますが、独立開業はひとつのゴールといえるでしょう。ドラッグストアなどのチェーン店とは違い、保険薬局では複数の薬剤師が勤務していても数人程度の個人経営が多いです。そのため、経営者である薬局長と一緒に働き、仕事ぶりを見る機会も多いので、将来の自分のキャリアを想像しやすいというメリットがあります。

開業薬剤師のメリット
経営が軌道にのれば、高収入が望める
思い通りの薬局経営ができる
定年がなく、リタイアを自身で決められる
門前薬局であれば個人でも安定した収入が見込める

開業の最大の魅力はやはり収入アップでしょう。経営が軌道にのれば年収1500万円~1800万円という高収入も夢ではありません。開業すれば収益が全て自身の収入となるので、雇われ薬剤師の給料とは比較にならない収入になります。マネージメントに秀でた人であれば複数店舗の経営をすることでさらに収益を倍化することもできるでしょう。

もちろん開業はメリットばかりではなく、リスクやデメリットもあります。開業すると経営者としての業務が増え、事務や手続き業務といった仕事をこなしていかなければいけません。通常業務をこなし、閉店し従業員が帰った後にそういった雑務をさばいている薬局経営者もいるでしょう。もちろんすべての開業薬剤師が成功しているわけではなく、厳しい競争に敗れてしまうこともあります。開業するにはそういった責任はすべて負う覚悟が必要になります。

もちろん独立開業はいくつもあるキャリアのひとつでしかありません。思い描く理想をどのように現実化していくのか、どんなキャリアを積んでいくべきか、10年・20年先の将来を見据えた就職・転職活動が大切です。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング投票にご協力ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。