病院勤務の薬剤師で年収600万円のキャリア

薬局では得られない専門的な業務・経験が魅力

薬剤師と一言にいっても、病院勤務の薬剤師さんから、ドラッグストア勤務の薬剤師、新薬開発の研究や独立開業する薬剤師さんとさまざまな職種があります。それぞれの職場によって業務内容が違えば、もちろん収入も違ってきます。

専門職として業務にプライドを持つ方は多いと思いますが、やはり収入も気になるトコロ。似通った業務内容であっても、それぞれの職場で条件や給与額が違っていることも少なくありません。特に薬剤師としてのスタートを切ったばかりの若い薬剤師さんにとっては、就職先でのキャリアによって将来の仕事内容と、収入に大きく影響するので、基本的な知識として頭に入れておくことは大切です。

病院勤務の薬剤師の最大の魅力は、病院ならではの専門的な調剤ができることで、時にはまだ治療が確立していない、重い病気に侵されてしまった患者さんの治療に従事することがあるなど、大きな責任がともなう業務です。薬局ではできない貴重な経験もつめるやりがいのある職場として、薬剤師さんの中では人気の職場のひとつです。

スポンサーリンク

病院勤務薬剤師さんの業務内容

病院で勤務する薬剤師さんの業務は主に6つに分かれます。全ての業務をするというわけではなく、担当の業務もしくはいくつかの業務を掛け持ちすることになります。

【調剤業務】
調剤業務の仕事はまず、外来患者さん向けと入院患者さん向けの2つに分けられます。医師の出した処方箋をもとに、薬の飲み合わせ・副作用・量・飲み方確認し、患者さんの症状に合わせた形(飲み薬にするか、点滴にするか等)で調剤します。また、治療状態を記録し、今後の服用スケジュールの調整や確認などを医師と一緒に計画していきます。

病院薬剤師のほとんどの方がこの調剤業務をメインとして働いています。また調剤業務は派遣やパートで働ける薬剤師さんを募集している求人も多いです。

【服薬指導】
薬剤師さんのもうひとつの大切な仕事に、服薬指導という業務があります。調剤した薬の効果や使い方、注意点などを患者さんが正しく使えるように説明します。また患者さんの治療の進行をチェックし、副作用がでていれば調剤しなおすなど、服用の管理を担います。病院勤務の薬剤師さんは、調剤業務とこの服薬指導をセットで行うことが多いでしょう。

【薬品の管理】
病院ではさまざまな薬を大量に貯蔵するため、管理薬剤師という薬品の管理を行う業務があります。薬品の発注や在庫の保管、新薬の購入、また各部署へ薬品の供給といった、病院内で使用される医薬品の管理を行います。
 
大きな病院では治療のために、麻薬、覚醒剤原料、向精神薬といった薬品を取り扱うこともあり、法的な管理を求められます。また血液を原料とする医薬品は、製造番号や使用した患者さんの情報・投与量などを20年間管理・保管する義務があるため、薬品使用情報の管理も業務のひとつです。

【注射剤、混注剤の調剤】

注射剤、混注剤は作用の強いものが多く、通常の調剤とは区別され、無菌調剤室(クリーンルーム)で調剤が行われます。医師の作成した処方箋をもとに、患者さんの体調に合わせた、投与量、投与経路、投与速度(注射または点滴など)、投与スケジュールの作成とチェックを行います。

注射薬は混合すると濁ったり、効力が落ちることもあり、専門の知識をもった薬剤師さんが担当することになっています。注射剤、混注剤の調剤は病院勤務の薬剤師さんならではの業務のひとつです。

【DI(Drug Information=医薬品の情報)】
病院内にある医薬品情報センター(DIセンター)では、病院で使用した医薬品の全ての情報を収集・整理・保管し、その医薬品情報の専門的評価を行います。調剤薬剤師・管理薬剤師・注射剤薬剤師などのとりまとめ機関と思ってください。DIで集めた最新の情報を医薬品情報を医師や看護スタッフ、調剤薬剤師等に共有することで、より良い薬物療法に役立っています。

また病院内の感染予防など、院内全体の管理をする機関としても活動しています。

【薬物治療モニタリング】
薬物治療モニタリングは、患者さんごとに血中濃度データを取り、個人別に調整された薬を作る業務です。抗生物質や臓器移植の際に使う免疫抑制剤といった強力な薬品を取り扱うことが多く、薬剤師としての技術と専門性の高い業務です。

また時には製剤(医療に必要な、発売されていない薬を調剤)、治験(製薬会社と協力した新薬開発)といった特殊な業務に携わることもあります。

最終給料は薬局よりも低い?

病院勤務の薬剤師さんの給料は薬局と比較して、給料が低いというイメージを持たれている方も多いです。しかしそれは条件にもよるので一概に正しいとも言えません。

かけだしの薬剤師であれば初任給で20万円ほど、年収400万円弱と薬局勤務よりもやや低い水準です。大きな病院であれば、深夜勤務もあり、手当もつくので年収でいえば数十万円ほど高くなることもあります。

病院勤務のキャリアは私立と公立で大きくわかれるでしょう。私立の病院の場合は一般的な企業のように「薬剤部長」「薬局長」などの職務につくことで、管理職手当として一気に給料があがります。私立病院の場合は基本給は高めだけれど、昇給は少なく、昇格ごとにどーんと給料アップする傾向にあります。

一方で大学病院のような公立病院であれば、公務員扱いとなるので、勤続年数に応じて徐々に給料アップすることになります。初任給は低めですが、毎年の昇給幅は大きめで、徐々に昇給していく体系です。教授職などに就けば給料はもちろんのこと、高い社会的なステータスも得られるのは魅力です(非常に狭き門ですが・・・)。

勤務年数10年、30半ばともなれば高いスキルを備えることができ、平均給料は500万円に達します。さらにキャリアを積み、役職に就けばプラス100~200万とかなり高給に達することもあります。病院勤務の薬剤師は給料アップのスピードが遅く、高度な専門知識を持ちながらも、薬局勤務と給与がかわらない場合もあるため、給与面ではやや不遇というイメージもあります。

実際にドラッグストアでは経営の才能がある方であれば、トントン拍子に店長となることも少なくないので、病院勤務の薬剤師さんは昇給スピードではじっくり腰を据える必要がありそうです。また病院ではもともとずっと同じ職場でスキルアップしたいと考えている薬剤師さんが多い傾向にあるので、ポストがなかなか空かない、なかなか昇格できないといったこともあります。

スキルを伸ばすには最適な職場ですが、高い給料も目指したいという方は、薬局やドラッグストアの勤務か、十分な経験を積んだのち自身で開業するといった他の道も模索する必要があるかもしれません。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング投票にご協力ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。