ドラッグストア薬剤師年収700万円のキャリアパス

ドラッグストアは給料が比較的高い

薬剤師の求人としてもっとも求人が多いのがドラッグストアです。医薬品の他に化粧品やお菓子、生活雑貨なども販売しており、コンビニ感覚で利用する方もいます。ドラッグストアの中には全国に店舗をもつチェーン店も多く、一般的な薬剤師の求人はもちろん、経験を積むと、店長や複数支店を管理するエリアマネージャー、さらにはグループ会社の役員といった、中小薬局にはないキャリアパスもあります。

特に最近はドラッグストア間の競争が激しくなってきており差別化のために、店舗内に調剤施設を置いたり、薬剤師さんの常駐、また「調剤薬局」の認可を受けている店舗の増加など、薬剤師さんの求人需要が増加しています。

OTC取扱い可能薬品
薬剤師のみ 薬剤師・登録販売者
第一類 第二類 第三類
副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうち、特に注意が必要なものや、新規の医薬品。スイッチOTCやダイレクトOTCなど 第一類医薬品以外で、副作用等によって、日常生活に支障をきたすほどの健康被害が生じるおそれがある医薬品。風邪薬・解熱鎮痛薬・水虫薬・痔疾用薬など 第一類、第二類以外の一般用医薬品。

ドラッグストアは登録販売者という資格をもつ人がいれば、かならずしも薬剤師さんがいなくても、営業することができます。しかし、薬剤師さんのいないドラッグストアでは、目薬や酔い止め、市販の風邪薬といった簡単な薬しか取り扱えないという制約があります。店舗によっては雑貨の販売売上がなければ経営がなりたたないというところも多いようです。

このため、大手ドラッグストアでは専門性を高め、より良いサービスでお客さんの信頼を得るために、薬剤師の資格を持つ人を常駐させる店舗もでてきています。ドラッグストアでの薬剤師さんの仕事は店舗によって大きく変わる傾向にあるため、面接の際にはどのような業務があるのかきちんと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

ドラッグストアでの業務内容メリット・デメリット

薬剤師さんで転職を考えている人は、保険薬局(調剤薬局)とドラッグストアのどちらかで働こうか迷うことが多いです。大きな違いは、保険薬局では医師の作成した処方箋をもとに調剤することが主な業務なことに対して、ドラッグストアではOTCの販売が主軸となっていることです。

メリット
保険薬局(調剤薬局)より給料が高い
薬剤師自身の判断でOTC薬の選択ができる
患者さんと直接コミュニケーションや相談を受けることが多い
保険薬剤師の資格が不要
デメリット
保険薬局(調剤薬局)より勤務時間が長い
調剤業務が無い・ほとんど無い
レジ打ちや商品陳列などの雑務も業務として求められる
種類が多く入れ替わりも早いOTCの知識が必要

ドラッグストアに勤める薬剤師さんの多くは、給料の高さを重要視している方が多いようです。ドラッグストア勤務の薬剤師さんの年収は初年度から400万円を超えることも多く、店長クラスの役職に就けば年収800万円以上も見込めます。ただし最近の傾向として、大都市圏では市場の競争が激しくなっていることもあり、平均年収で500万円弱にとどまっているという現状もあります。初年度の年収は高くとも、上限年収では調剤薬局勤務の場合と同等になることから、以前よりもドラッグストアのキャリアの魅力は落ちていると言えます。

一般薬剤師 400万円~500万円
管理薬剤師 600万円~800万円
店長・店舗マネージャー 800万円~1200万円

ドラッグストアは化粧品や日用品なども販売されており、それらの商品陳列やレジ打ちといったアルバイトが行う雑務のサポートも求められるため、仕事のやりがいという視点では調剤薬局に劣ります。ドラッグストアでのキャリアアップを目指すのであれば、将来的には店長、複数店舗を管理するマネージャーといった経営能力や営業能力が求められることになるので、店舗経営に興味を持つ人には適した職場でしょう。

インターネット上の転職情報サイトなどでは、ドラッグストアでも雑用が少ない店舗があるという情報がありますが、これは大ウソです。確かに一部のドラッグストアではきちんとアルバイトを雇っており、薬剤師さんとの分業がすすんでいるところもありますが、大部分のドラッグストアでは雑務があると思っておきましょう。こういった情報サイトは求人サイトと提携しており、転職してもらうと手数料が貰える契約となっているため、誇大広告ならぬ誇大情報を流している傾向にあります。

ドラッグストア勤務でも開業は可能?

ドラッグストア勤務から独立開業をするのは不可能ではありませんが、やや難しいでしょう。というのも、独立するとどうしても小規模となってしまうため、ドラッグストアと真っ向から勝負しては、太刀打ちできる採算がほとんどないからです。独立開業するのであれば、保険薬剤師の資格と経験をもったうえで、病院に隣接する形で開業することが理想です。

保険薬局であればたとえ小規模の個人経営であっても、病院から処方箋をもった患者さんから安定的に収入が得られます。ドラッグストアは基本的には保険医薬品を取り扱えないので、処方箋の患者さんを取られることはありません。保険薬局の開業には、保険薬剤師の資格や認可が必要なため、ドラッグストアにずっと勤務している方であれば、資格の取得が必要です。

独立開業し、自信で薬局経営ができれば大きなメリットが得られるでしょう。特に収入面では雇われ薬剤師とは比較にならない高収入になります。開業しうまく軌道にのれば年収1200万円~1500万円と、ドラッグストアの店長よりも高い収入が見込めます。さらに経営能力に秀でている人であれば、複数の薬局を経営することで、収益を倍増させることも可能です。

開業薬剤師のメリット
経営が軌道にのれば、高収入が望める
思い通りの薬局経営ができる
定年がなく、リタイアを自身で決められる
門前薬局であれば個人でも安定した収入が見込める

もちろんすべての人が開業で成功するわけではありません。事務作業や納税手続きといった雑務がふえることになりますし、お客さんが集まらなければ閉店しなければならなくなる可能性もあります。

ドラッグストアで店長やマネージャー経験を積むことで、経営のノウハウを会得すれば開業時には大きな武器となるでしょう。保険薬局に勤務する薬剤師さんは、何もしなくても病院からお客さんがくるので、マネージメントや経営戦略を学ぶ機会が非常に少ないです。もちろん開業は数あるキャリアのひとつでしかありません。

求人募集の多い薬剤師さんといえども何度も転職することはできません。将来のキャリアを見据えて慎重に職場を比較・選択しましょう。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング投票にご協力ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。