薬剤師派遣の時給3500円残業なし求人!

派遣薬剤師って実際のところどうなの?

薬剤師にも派遣という働き方があります。派遣薬剤師は通常の派遣会社同様に、派遣会社に登録しておき、派遣会社から紹介された薬局やドラッグストアで契約期間中だけ働くというワークスタイルです。派遣なので、通常は契約期間が過ぎればまた別の薬局やドラッグストアに務めることになりますが、薬局側からオファーがあれば正社員として働き続けるという薬剤師さんもいます。

「派遣」といえば通常では、一時的に貸し出されるという悪いイメージをもたれがちですが、薬剤師の派遣は少し事情が違います。
薬剤師は国家試験の中でも特に難しい分野で、薬剤師の求人も常に需要が供給を上回っている状態です。薬剤師さんの転職は引く手あまたで、会社よりも薬剤師さんに職場を選ぶ選択権があるといっても過言ではありません。そのため、薬剤師の派遣という働き方は、もともと派遣のメリットであった「助っ人」のイメージをしてもらえればわかりやすいです。

派遣薬剤師の最大のメリットは自分の予定やライフスタイルに合わせた働き方ができることです。
たとえばこどもが小学校から帰ってくる夕方までの短時間だけ働きたい人や、こどもの習い事の送り迎えがあるので週3回しか仕事ができないといった人にピッタリの働き方です。中には半年間だけ派遣薬剤師として働いてお金を貯め、数ヶ月の長期休暇をとるといった自由な生活を送っている人もいます。派遣会社へ登録だけしておけば、休暇明けに仕事を探す必要もないので安心です。

派遣薬剤師のメリットは?パート・アルバイトとどう違う?

育児あけのお母さん薬剤師さんであれば、やはりブランクが心配でアルバイトやパートのが安心という方もいるかもしれません。家庭の事情によって確かにパート・アルバイトの方が向いている方もいます。派遣薬剤師とはどんな働き方かのか、メリット・デメリットをしっかり理解して、どのような職場がよいのか一緒に考えましょう!

  • パート・アルバイトより給料が高い
  • 短時間勤務が可能で、残業もなし
  • 将来的に正社員として働くことも可能
スポンサーリンク

パート・アルバイトより給料が高く、待遇も◎

派遣薬剤師はパート・アルバイトの薬剤師よりも時給が高い傾向にあります。アルバイト・パートの薬剤師であれば時給2500円くらいが相場ですが、派遣薬剤師の場合は3500円とかなり高い時給が貰えます。人材不足の地方ではさらに時給が上り、4000円以上の求人もあります。

また、先ほどお話ししたとおり、求人需要の高い薬剤師さんの待遇条件の良い職場が多く「派遣」であっても福利厚生が完備しているのは当たり前で、ボーナスを貰えるところも少なくありません。

時給 月給 ボーナス 福利厚生
パート・アルバイト 2500円 40万円 ×
派遣 3500円 56万円
正社員 50万円

一ヶ月20日勤務、8時間労働として計算しています。派遣薬剤師は月給だけみれば正社員よりも高い給料がもらえ、かなり効率のよい働き方というのがわかります。これはメリットでもありますが、派遣の場合は残業がなく、ボーナスも正社員の方が高い傾向にあるので、年収換算すれば正社員薬剤師の方が高いことのほうが多いです。

しかし勤務スケジュールを自由に決められるというメリットがありながら、正社員と同等の給料を貰えるというのは派遣薬剤師の大きな魅力でしょう。

でもなんで派遣薬剤師の給料はこんなに高いの?仕事がハードなのでは?と不安に思う方もいるかもしれません。これは「派遣会社」の強みのひとつで、派遣を受け入れる会社側にも高い賃金を出せる理由があるからです。

パートやアルバイトを雇う場合、少し悪い言い方をしてしまえば、当たりはずれが大きいのです。薬剤師さんと一言にいっても経験豊富なベテラン薬剤師さんから、資格を取ったばかりのかけだし薬剤師さんまでいろいろです。とくにアルバイトの場合はさまざまな理由を持っている方がいるためその差は大きくなります。

そのため、薬剤師を雇う薬局や会社側も、最初から大きな給料を支払うと言えないのです。一方で派遣薬剤師の場合は、派遣会社が薬剤師のスキルを保障しています。もし派遣薬剤師がスキル不足であった場合には、派遣会社が代理の薬剤師を送らないといけないという契約になっているのです。派遣会社の保障があるからこそ、薬局側も安心して高い時給を出せるわけです。もちろん、派遣薬剤師には即戦力となる調剤スキルも求められます。ブランクが長かったり、調剤経験に自信がなという場合は、無理せずパートやアルバイトから始めることも検討しましょう。

派遣先は派遣会社が薬剤師のスキルに合わせて選定してくれます。もともと耳鼻科の病院に併設されていた薬局に勤めていたので、耳鼻科の薬に詳しいという薬剤師さんであれば、同じような耳鼻科の薬を取り扱う薬局を選んでくれます。そのためいざ薬局にいってみたらチンプンカンプンで仕事ができないということはないので安心してください。

短時間勤務が可能で、残業もなし

「派遣」という雇用形態は、実際に働く場所は薬局であっても、給料は派遣会社から貰うことになります。仕事内容は、週○日、○○時間、業務内容は○○○ときっちり契約が取り決められており、残業や契約外の業務を与えられるといったことはありません。

たとえば最近のドラッグストアはコンビニのようになんでも売っており、薬剤師なのにおでんを調理しないといけなかった、といった正社員の薬剤師さんもいます。しかし派遣薬剤師であれば、業務内容がきっちりきまっているため、明らかに薬剤師の業務外である「おでんの調理」をさせられるということはありません。

また高給な薬剤師ではありますが、人手不足が原因で残業の多い職場も少なくありません。しかし派遣薬剤師の場合は、時間外の勤務は契約違反となるので、薬局側も無理に残業させることはできないのです。

極端な話をしてしまえば、勤め先の薬局が潰れてしまったとしても、給料は派遣会社からでているので、派遣薬剤師にとってはまったく問題がないのです。

派遣薬剤師の注意点として、パートやアルバイトよりも勤務時間が長い場合が多いです。薬局側も準正社員として受け入れることが多いため、1日に6~8時間の勤務、~19:00までと終業時間が少し遅い場合が多くなっています。4時間以下の短時間の求人は少ないため、こどもがまだ帰宅時間のはやい幼稚園くらいであれば、パートやアルバイトの方がよいでしょう。

ただ、派遣でも週3日~と、曜日指定ができ、残業時間は0なので、正社員よりはかなり働きやすいでしょう。こどもが中学生以上で、ある程度自立している家庭のお母さん薬剤師さんなどであれば、マッチングもしやすくなります。

将来的に正社員として働くことも可能

派遣薬剤師といえども、業務内容は正社員の薬剤師と大差ないことが多いです。家庭の事情で長時間の勤務ができないという薬剤師さんが多く、薬剤師のスキルは十二分にある人も多数です。

そのため、もし職場が気に入ってもっと働きたい、こどもが大きくなったからもっと働ける、という人であれば正社員として働き続けることもできます。特に薬剤師業界では人手不足が慢性化しており、正社員登用は薬局側も願ってもないことと歓迎してくれることが多いです。

正社員昇格がスムーズというメリットを生かして、転職時に一時的に派遣会社へ登録するという薬剤師さんもいます。いきなり正社員として働き始めたけれど、職場が肌に合わなかった、会社がブラックだったと後でわかっても遅いです。もう一度転職活動をするのも大きな労力が必要です。

はたらいてみないと分からないという転職のデメリットを最大限におさえるためにも、一時的に派遣薬剤師としてはたらいて様子をみるというのは良い方法です。以前は専門病院で働いていたため、薬の知識に偏りがあるといった人なども、派遣薬剤師としていろいろな職場を体験するのはスキルアップに繋がります。

派遣薬剤師の求人もチェックしよう

派遣薬剤師の求人は専門知識が必要となるため、薬剤師の求人を専門とする転職紹介企業と提携していることが多いです。そのため各企業が独占的に紹介する非公開求人が多くなっています。

転職・復職を考えている薬剤師さんは、まずは薬剤師の求人を専門とするサイトへ登録しましょう。会員登録すると、登録情報や希望条件にあわせた企業の紹介を個別に行ってもらえるので、求人の比較が簡単です。

しかし特に条件のよい求人は不動産会社のように非公開になっていることが多いです。転職サイトといえばマイナビやリクナビが主流ですが、薬剤師業界に限っては正とはいえません。薬剤師という専門的な業種の求人をすすめるためにも、求人会社自体もノウハウが必要なのです。そのため各求人企業ごとに強みや特徴が大きく変わり、インターネット上だけでも実に100社以上の薬剤師求人サイトがあります。もっともマッチする転職先を見つけるためには、複数の薬剤師求人サイトへ登録しておき、紹介された求人を比較しながら自分に合った仕事を検討することが大切です。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング投票にご協力ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。